yarn publish

npm レジストリにパッケージを公開します。

一度パッケージを公開すると、その指定したバージョンは変更できないので、公開に当たっては注意してください。

yarn publish

現在のディレクトリにある package.json で定義されるパッケージを公開します。

yarn publish [tarball]

gzip 圧縮された .tgz 拡張子の tarball ファイルで定義されたパッケージを公開します。

yarn publish [folder]

指定されたフォルダに含まれるパッケージを公開します。<folder>/package.json でパッケージの詳細が指定される必要があります。

yarn publish --new-version <version>

新しいバージョンについてのプロンプトをスキップして、 version の値を代わりに使用します。

yarn publish --tag <tag>

yarn publish にタグを与える事で、指定したタグでパッケージを公開することができます。 例えば、yarn publish --tag beta と指定し、パッケージ名を blorp とした場合、他の人は yarn add blorp@beta コマンドによりそのパッケージをインストールできます。

yarn publish --access <public|restricted>

--access フラグは、npm レジストリがこのパッケージを公開するか、アクセス制限するかを制御します。