yarn global

使用している OS にグローバルにパッケージをインストールします。

yarn global <add/bin/list/remove/upgrade> [--prefix]

yarn globaladdbinlist そして remove など様々なコマンドのプレフィックスとして使用されます。 パッケージを保存するのにグローバルディレクトリを使用すること以外は、通常のものと同様の動作をします。 globalコマンド は実行可能ファイルを OS 上で使用できるようにします。

注意: npm における --global フラグとは違い、 globalyarn の直後に続く必要があるコマンドです。 yarn add global package-name と入力した場合、package-name というパッケージをグローバルにインストールするのではなく、 global および package-name という名前のパッケージをローカルに保存します。

各プロジェクトの一部ではなく、ローカルなコマンドとして使用される開発者向けツールに便利です。 そのようなものの例の1つは create-react-app で、以下のようにグローバルにインストールできます:

$ yarn global add create-react-app --prefix /usr/local
# the `create-react-app` command is now available globally:
$ which create-react-app
$ /usr/local/bin/create-react-app
$ create-react-app

インストール場所を定義する

yarn global bin コマンドは、インストールした実行可能ファイルへのシンボリックリンクを Yarn が格納する場所を表示します。 yarn config set prefix <filepath> コマンドを使用すると、ベースとなる格納場所を設定できます。 たとえば、yarn config set prefix ~/.yarn を実行すると、すべてのグローバルなパッケージの実行可能ファイルが ~/.yarn/bin にインストールされるようになります。

yarn global dir コマンドは、グローバルな node_modules を含むグローバルなインストールディレクトリの出力を表示します。デフォルトでは、~/.config/yarn/global になります。

yarn global と一緒に使用できるコマンドについての詳細は以下を読んでください:

  • yarn add: 現在のパッケージで使用するパッケージを追加します。
  • yarn bin: yarn の bin フォルダの場所を表示します。
  • yarn list: インストールされたパッケージを一覧表示します。
  • yarn remove: 現在のパッケージで使用されていないパッケージを削除します。
  • yarn upgrade: パッケージを指定された範囲に基づいて最新版にアップグレードします。
  • yarn upgrade-interactive: upgrade コマンドと同様ですが、アップグレード実行前に古くなったパッケージを一覧表示し、ユーザーがどのパッケージをアップグレードするか選択できるようにします。